◆バラエティグッズを上手に活用する◆

 

 

二次会景品としていくつも物をそろえることになった場合には
内容のバランスに注意しておきたいところです。

 

内容のバランスというのは、金額的なこともいえますが
食べ物ばかりになったり、食べ物が1つもないなど
偏った内容になってしまうと味気なさが出てしまうことがありますので
注意が必要です。


特に参加者の年齢層が幅広い場合、どの人に当たっても
喜んでもらえる景品を選ぶというのは中々に難しいのでは
ないでしょうか。そういったときに色々な種類の景品を
混ぜて用意することで、失敗を防ぐことができます。

 

こういったことに気を付けながら、ユニークさのある
バラエティグッズを用意すると、それが良いアクセントとなり
二次会景品全体の雰囲気がさらに良くなるものです。
常に二次会を盛り上げてくれる宴会部長がいると
より心強いですね。

 

ユーモア

なお、このバラエティグッズの具体的な例としては、
ジャンボサイズの袋や箱に入ったお菓子というのがあります。

 

普通

コンビニやスーパーマーケットでよく見かけるような普通のお菓子であっても、
大きな袋や箱に入っているタイプの物だと、インパクトや新鮮さがあって
面白いものです。

 

また、飲み会の前に飲むドリンクなどを二次会景品として
用意するのも、なかなかユニークさがあって良いものです。