◆貰って嬉しい物とは◆


デザイン性

忘年会・二次会は幹事さんが決められると、幹事さんは宴会を行う会場探し、
参加者の確認、そして人数が決まると予約をしたり、
料理を予算の中で選んだりとやることが盛りだくさんです。

 

また、忘年会・二次会は1年の締めくくりで行われるイベントでもあり、
余興についても考える必要が有ります。

余興は色々な出し物を考えて行く必要が有るのですが、それとは別に
景品を考える事も必要になります。


忙しい中これを全て一人でやろうとするのはかなり
大変ですので、同僚や後輩などに手伝ってもらえば
文化祭のようにチームでイベントを準備する楽しみもあります。


状況的に手伝ってもらうのがどうしても難しい場合は、
景品専門サイトなどを利用して、時間を有効に使いましょう。

 

忘年会・二次会の中での景品と言うのは会社から資金が出されることも
あるわけですが、資金には上限が在りますので
予算内に収める事、そしてなるべく多くの人に対して景品を
挙げたいと言う気持ちも高くなります。

秘訣

 

更に、単に品物を選んで予算内で収めるのではなく、貰って嬉しい品物を
選ぶ事が重要であり、貰った時に嬉しいと感じる景品を選ぶ事は
幹事さんの技量にもなるわけです。

 

高額な物を用意すれば良いというものではなく、リーズナブルな価格でも
貰って嬉しいと感じてくれる景品を選ぶ事が
忘年会・二次会を楽しく進める秘訣でもあるのです。