◆忘年会の景品には参加賞もあるとベター◆


年末の忘年会も楽しみにしている方が多いですが、ゲームなどをして
もらえる景品にも期待をしている人は実はたくさんいます。


お酒や料理を楽しむ傍らで、皆でわいわいとビンゴをしたりするのは
それだけでもいい息抜きとなります。

気持ちを込める


この時に用意されている景品は主に1位の人から5位ぐらいまでと
上位の人だけに用意されていることが殆どです。

 

忘年会に参加しているだけでも楽しめているという方も
少なからずいますが、やはり自分にも何か
ちょっとしたものでもいいからもらえたらいいのになと
思いながら、表彰されている上位陣を見て羨ましく
思うこともあるものです。


予算に余裕があったらではなくて、最初から予算に組み入れて
おいて、参加賞も準備しておくと皆に景品が行き渡るので
自分も参加したという気持ちが残っていきます。

 

参加した人向けなので、それほど一つにお金をかける必要はありません。


大体は300~500円ぐらいでの小さなお菓子は配りやすくて
受け取った方も持ち帰りやすいのでおすすめです。

お菓子


缶や小袋に入ったクッキーやせんべい、キャンディなどは
忘年会でもらった後また会社などで休憩をする時に
つまんだりするのにもぴったりです。


もしくは生活雑貨なども色々と混ぜてみて、
くじ引きのように好きな物を選んで持ち帰ってもらうのでも
最後に嬉しい気持ちをプレゼントすることができます。


また、ちょっと変わったパーティーグッズなどで
ウケを狙うのもいいかもしれません。

 

上位向けの景品でウケ狙いはおすすめできませんが、
参加賞であれば見て和めるようなものも忘年会の
思い出になるので良いでしょう。


形に残るものなども多いのですが、長く置いていても仕方ないと
思う方も多いので、さっと気軽に食べられるようなお菓子などの
消えるものでの用意をしておきましょう。